中々実家に戻らない齋藤家の長男、勇太が書く自由でたまにまじめなブログ。 ECUADOREIR(※造語 エクアドルで笑うぞ、の意)から長野県でのREIR(笑う)へ。

2017年04月20日

京の都へ。


半袖で過ごしています。
齋藤です。


京の都。




初めて参らせていただきました。

金閣寺

銀閣寺

清水寺

伏見稲荷大社

祇園界隈





そして、

京の団子。

京のラーメン。

京の金平糖。

京の大福。

京美人



これら全部に。














ノータッチ!















夜行バスで早朝に到着し
一風呂いただいた後
チェックインまでの
5時間を過ごした場所。






佛◯大学二条キャンパスの図書館へ潜入。
貸切状態でした。


また齋藤を疑ったそこのあなた。

ちゃんと入館許可もらいましたからね。
職業はやっぱり聞かれましたけどね。
はい。

(入場許可書の「職業欄」を記入せずに提出すると)


「何のお仕事ですか?」


「フリーです!」(120%の勢いと100%のナチュラルさで)


「・・・どうぞお入りください」


齋藤は現在
「フリー齋藤」
であります。


「フリー」の後の◯◯に何が来るかは
その場で対応してくださった方に
お任せしております。


はい。



夜本番。
京への目的はこの方とお会いするために。

http://gaku-tabi.com/?page_id=5



「世界の国で教師になる!」と
世界20カ国以上の国で
授業をされてこられた平岡さん。
とんでもないですな。
はい。

今後の動向は要の要の要チェック。


世界の学校を見てきたいと考えた齋藤の
20000歩先を行く方。




3時間半。



こういう方に会うとですね。
色々考えるわけです。


比較からの劣等感や妬みは
一時のきっかけになりうるも
その継続は何も生まない。


そう言う時期があったとしても。



自分のやるべきことをシンプルに考えられる
ことが大切なんだ。

と、
生意気にも思うわけです。


しっかり比べて、
自分が出来ることは何か
を考える。



妄想だけでも
希望だけでも
悲観だけでもなく。



凝り固まった現有の考えから脱却するための比較。


こりゃ方向転換あるな。

来月からの準備に向けて
良い比較が出来ました。


平岡氏との食事はこちらで。

士心
http://universalpeace.co.jp/shishin/


坂本龍馬が好み、
その最期に食べられなかったという
軍鶏鍋も頂きました。

ほんの150年程前の話。
不思議な感覚でした。







自分は何をやりたいと思って新潟に帰ってきたのか。


10日間の関西・九州遠征2日目。


答えにたどり着くではなく、
しっかりと内省できる
めちゃくちゃ良い時間になっとります。

本当に自分が没頭出来るものを考えます。







昨日のお宿はこちら。
http://fairfield-house.jp/about/JP/homeJP.html

メキシカンフォルへ。



齋藤は英語出来ないくせに、
回路がきゃなり英語になってましたね。


今日から大阪へ。

京から大阪へ。



日本には資源はないが人がいる。人が資源だ。
                  米倉誠一郎



大阪の後は奈良。
ぼちぼちまた報告させて頂きます!


Posted by サイトウ ユウタ at 08:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。