中々実家に戻らない齋藤家の長男、勇太が書く自由でたまにまじめなブログ。 ECUADOREIR(※造語 エクアドルで笑うぞ、の意)から長野県でのREIR(笑う)へ。

2017年05月28日

バイバイ、タイ王国。


人生で初めてカチューシャーしております。

齋藤です。


皆様いかがお過ごしでしょうか。


だって、今。
人生で一番髪の毛長いんですもん。


(爽やか)ヘアバンドと思って
100円で買いましたがタイ暑くてしてらんないし。

じゃあコロンビアで装着や、
と思ったらヘアバンドなくしちゃうし。


・・・・・・

ここで自撮り写真を掲載しようと思いましたが、
勇気が足りませんでした。


他人様なんか齋藤のこと見てないのにね。
自分が思っているよりもずっとすっと。


そこ気にしちゃう辺り、
根っからのナル氏なんでしょうね。


きっと。


だからといってずぼらになろうという訳でもなく。
うまく付き合いたいと思います。



さてさて、
早いもんでタイ滞在が終わりました。


2週目はまず
日本企業の工場などが多くある
シラチャという地域の
現地の中学校と高校を3つ訪問させてもらいました。


3000名の生徒が在籍するシラチャ学校。







校長室がない学校。
パワフル校長先生がいつも校内を
走り回ってるハートウォンナパーサップ学校。
アツい方でした。


英語も外で授業。



日本の教育についてたくさん質問した
セーンスック学校。
リズムよい授業が展開、全部勉強になる。


いや。こっちから積極的に行った訳でないですよ。
職員さんと。



どの学校も日本と同じように教育カリキュラムに則り
実践を進められていました。

各学校が抱える問題も
日本のそれとは違うものです。

それでも、


「ハグすれば子どもの苦しみが共有できることがある」


とは、
ある先生の言葉。


文化とか習慣とか環境とか違うけど。


基本的な事なんかなと。


ええなあと。



書ききれない程の貴重なお話しいただきました。



そんで
急展開でしたが、
バンコク最大と言われるスラム街(住居者80000名とも言われる)
「クロントイスラム」のど真ん中に事務所を構える
ドゥアン・プラティープ財団を訪問。
事業説明をかねて
スラム街を案内してただきました。
http://www.dpf.or.th/jp/

財団本部。



プラティープ財団は、
クロントイスラム出身の
プラティープ・ウンソンタム・秦氏が創始者。

「教育が生活を大きく変える原動力になる」と
自身で1968年(当時16歳)に始めた「一日一バーツ学校」が、
1978年にマグサイサイ賞(社会福祉部門)を受賞し、
その報酬金により創設された団体です。

現在一日一バーツ学校は現在公立指定され550名の生徒が通い、
幼稚園や職業訓練など17のプロジェクトが進行しているとのこと。

この日は代表のプラティープ先生も同席していただき、
昼食まで頂いちゃいました。


事務所に向かう途中から続く住居。


現在の一日一バーツ学校。


線路沿いに建てられた住居。
右側住所なし。一日4本程運行。


プラティープ氏と日本人スタッフの硯山氏。




「一つではないよ」としつつ、
プラティープ氏は活動の中で
最も大切にしている事の一つに
「選択肢がある事」
とあげていました。


重みが違う。


選択肢、ないですから。


あるからまだいい、
ないから大変、
という簡単な話ではなく。


それでも
選択肢がないという現実は
そこにありました。


微笑みはセールスポイント。
苦しみが実情ポイント。


という言葉もずしり。

怪文書にも近い齋藤のメールに
ご丁寧に返信していただいたことに
バリ感謝です。



そして、
再びバンコクサンダースさんへ。
来月の福岡遠征応援しています。





微笑みの国ってなに?



そんなふわふわした想いから来た初めてのタイ。


そうそう。
OKAMAバーにも潜入しました。
超がつく偶然。
3日目から滞在したゲストハウスの横がいっしょ、
というか入り口が一緒でそのまま別れるタイプ。


タイの、というか
ここの空気に触れるにはとても貴重な経験。
番外編でご紹介しましょうかね。



インターネット等で見聞きする事はあっても、
実際に見るとやっぱ感じる事もあります。



タイはこれから雨期に突入するとのこと。
片道30kmの移動で往復7時間半かかったり。
ちょっとだけ前倒しした雨期や大渋滞も経験出来た
とても良い時間でした。


ヒントはたくさんあった。


これからもチェックしていこう。



バイバイタイ王国。



またまた会う日まで。




そして明日からコロンビア。






Posted by サイトウ ユウタ at 11:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。