中々実家に戻らない齋藤家の長男、勇太が書く自由でたまにまじめなブログ。 ECUADOREIR(※造語 エクアドルで笑うぞ、の意)から長野県でのREIR(笑う)へ。

2017年08月01日

積み重ねる2つのこと。


お久ぶりぶりな登場。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


常時70kgであります。
あと5kg、上手に増やしたい


齋藤です。




塵も積もれば山となる。



とは小学校の時の池田先生が
言ってたような言ってなかったような。


どっちかというと良い意味で使われることが多いでしょうか。




イチロー氏が


「小さいことを積み重ねることが、とんでもないとこへ行くただひとつの道」


とあまりにも
有名な言葉を残しておられますが。



と同時に。


逆も然り。
逆も然りあるわけです。



小さな「良いこと」の積み重ねが、
とんでもないところへ行く可能性を生むとしたら。


逆に
小さな「悪いこと」の積み重ねは。
ほんの些細と思われるようなものことでもそれが積み重なったとしたら。


もしかすると、
とんでもない綻びにつながる可能性を産むんじゃなかろうかとなるわけです。



初めは「それあんまよくないよね」と気がついても。


「まあいいか」



の積み重ね。



「もういっちょ」


の積み重ね。





気付いた時には、ご苦労さま。
それが「あんまよくないこと」と気づかないくらいの
感覚を手にいれている。



積み重ねるならどっちが良いだろう。




人は慣れる。



人は鈍る。



人は忘れる。



そういう人はたくさんいた。
自分だってそれで人を傷つけたことはある。




でも。



それをしっかりと話し合える環境というか何というか。

見て見ぬ振りができないくらいの感情があったとしたら。



例えばその人が

「この人は嫌いになりたくないな」

と、思える人だったとしたら。




そこはチャンスだと思うのです。



薄く仲良くなるというかではなくて。



次に行けるチャンスというか。




自分は大丈夫、と言っていても
そうなっちまうのが人間だし。



そうなっちまっても
立ち止まれるのも人間だったり。



自戒を込めて。



そういう環境に身を置けるとしたら。

そういう環境で戦えるとしたら。



紛れもなくそれは自分のおかげ、
ではなく周りのおかげだ。


と思うのです。



ありがとうございました。と、
これからもよろしくお願いします、とお伝えしたい。



さあ8月突入。
暑さをエネルギーに。


目指せ今月あと3回投稿。
今月もよろしくお願いします!










Posted by サイトウ ユウタ at 21:42│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。