中々実家に戻らない齋藤家の長男、勇太が書く自由でたまにまじめなブログ。 ECUADOREIR(※造語 エクアドルで笑うぞ、の意)から長野県でのREIR(笑う)へ。

2019年01月07日

2019年もよろしくお願いいたします。

再開、
というよりもむしろ新規。


久々、
というよりもむしろいつぶり。


ご無沙汰、
というよりもむしろ毎回その挨拶じゃん。



そのくらいご無沙汰しておりました。



みなさま新年あけましておめでとうございます。
ところでこの挨拶いつまで有効でしょうか。


昨年は6回しかこのブログ更新しなかった、
新潟市より齋藤です。




といいつつ。
なんで平日の今日、
急にこの愚ブログを再開したかというと。




ひまでひまで皆さんからかまってほしいちゃんになった!




ではなく。









実家に帰ってきたから!








そう。
2018年12月から実家で両親と同居しております。




新潟に戻ってもうすぐ二年。
これまでは小さな小さなアパートに暮らしていたのですが。




つまり
「中々実家に帰らない長男が書くブログ」


という状況ではなくなったのです。



じゃあ全然書いてないけどタイトル変えなきゃ、
と思いたち。


「実家に戻った長男が書くブログ」


「実家に戻り嫁姑関係に挟まれる長男が書くブログ」
※これ少なくとも妻はんと父はんは観とりますw


「センター返しより難しい同居生活について長男が書くブログ」



考えれば候補は尽きません。



いやはやまだ掃除やら整理やらも途中ですが。
※引越し休みも取らなかった齋藤には家族から非難轟轟(ごうごう)w。



同居してたったの一か月ですが、
バタバタの中にももろもろ刺激的と感じることも多いです。


昔一緒の時間を過ごしても、
気づかなかったこと。
新しく気づくこと。



そりゃおもろい雰囲気になることもあるし、
これからそういう場面はいくつもあるんだろうけど、




人生はうまくいかなくなったところから勝負。




齋藤なんざ、
まだうまくいかなくなったことすらない青二才。


現代社会でともすれば減っていく
「同居」という環境に身を置くことで、
自分自身が成長したいなとも思っとります。


すぐ投げ出したりしてw





ワクワクというか、
そわそわというか、
善し悪しのドキドキというか、


とにかく
今、小さな冒険がスタートした感じです。





人生は恐れを知らぬ冒険か、無である。

ヘレンケラー氏




同居についてだけ書くわけではありませんが。

仕事のこと、

生活のこと、

勝手な宣言、

勝手なお願い、

そして楽しいことを綴っていけたらと思います。




大切なことはこれからどうしたいかということだ。


まずはブログのタイトルやな。
皆様にとって刺激的な年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします!


齋藤勇太





Posted by サイトウ ユウタ at 11:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。