中々実家に戻らない齋藤家の長男、勇太が書く自由でたまにまじめなブログ。 ECUADOREIR(※造語 エクアドルで笑うぞ、の意)から長野県でのREIR(笑う)へ。

2019年01月14日

家族のカタチ。


同居して1ヵ月。



仕事はじまって1週間。



日に日に日常が戻りつつある今日この頃。




皆様エンジョイしていますでしょうか。
齋藤です。





一か月で日常に戻りつつとか聞くと、













お前はいいよな、実家だから。















と不快に思われた方が
いらっしゃいましたらすいません。




状況的には嘘ではないので否定はしません。


が、


家族のカタチ、とは色々あるもので。




そう言えばどうだったっけと、
これまでの「家族のカタチ」を振り返ってみました。


そう言えば齋藤は、
生まれてから18年間は自宅で生活しました。
文字通り、自宅での環境・文化しか知りませんでした。


その後、
22歳までの4年間は150人の寮生活。


24歳までの2年間は共同風呂共同キッチンの学生寮。


27歳までの3年間は365日(帰省した分は減る)24時間、
フリースクールに通う生徒との寮生活。


30歳までの2年間はエクアドルでのホームステイ生活。


32歳までの2年間はようやくの一人暮らしとたまにの寮宿直生活。




空前絶後のお~
寮に愛されえ寮を愛したあ男~



と聞こえてきそうな、
今振り返ると毎度濃かった寮生活オンパレードだったなと思う訳です。




多ければ良し、


少なければ悪し、


ということではないのですが。


ルールあり、衝突あり、笑いあり、涙ありのそれぞれの環境で

「家族のカタチ」

を感じる機会がありました。




別に
同居することを凄いっしょーとか
大変なんすよーとかを言いたいのではなく。
※そう前置きすることで嫌らしいんですがw


実際、各々の「家族のカタチ」では
「違い」や「上手くいかないこと」の毎日でしたが、


家族のカタチを知ること、知ろうとすることは、
「自分のカタチ」を客観的に見る機会となり、
終わってみればそこでの出来事は
自分の人生にとって貴重だったと思えたりしてます。



というか、
そう思わんともったいない。




辛い事はつらい。



嫌なことはイヤ。



嘘ついてまで無理矢理ポジティブに考えることはナシやけど。



やっぱりそう思わんともったいない。

今それだけ頑張っているなら、なおさら。



大変な時は逃げ出せる環境があることは前提とし、
今あるモノで今できるコトを。



ケンカしても小言言われてもあんたがアホといわれても。



おはよう

おやすみ

ありがとう

ごめんなさい

お願いします

(愛してるよ)



毎日言おうと思います。




2019年の投稿週一ペース。



来週は雪か。




-おもしろきなき世をおもしろく-
高杉晋作



さあ遊ぼ。








Posted by サイトウ ユウタ at 13:49│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。